パート薬剤師として働くメリットは沢山あります!

パート薬剤師求人のよしあし

薬剤師で働いてる人は正社員で働いているケースが多いですが、中にはパート薬剤師や派遣社員として働いている薬剤師の方もいます。多いケースとしては女性の薬剤師が結婚や出産を機に一度退職して子供が手のかからない状態になった後に再度、薬剤師として復職するケースがあります。

そういった関連でパートで働いている薬剤師は30代から40代の人が多くなっています。その割合はパート全体の7割くらいとなっています。このうち半分ぐらいの人が週の労働時間が月20時間にも達していなくて年収でいうと200万に届かない方となっています。

薬剤師というと正社員しかいないイメージがありますが、このように女性のパート薬剤師というのも多く活躍しています。パートの薬剤師といっても他の職業の方と同様に労働時間によって保険に入れるかどうかが変わってくるため、その部分をしっかりと自分で考えておく必要があります。

もし扶養の中で済ませたいと考えているのであれば、労働時間を考慮して調整してくれる職場を選ぶ必要があります。パートといっても週5回以上でフルタイムで働いている人も多いので融通の利く職場を選ぶことが重要です。 パートとはいえ、常勤の薬剤師さんと同様に仕事内容は重責あるものを任されます。

患者さんの対応はもちろんのこと常勤の薬剤師と共に連携を図って仕事を行い、休憩時間などを患者さんの混雑状況によりずらすことなどもあります。パートの薬剤師とはいえ、常勤の薬剤師さんをサポートする重要な存在です。パートの薬剤師さんがいないと仕事が回らないところが多く存在します。

パートの薬剤師の仕事を探すなら薬剤師だけを扱っている求人サイトやまたはコンサルタントに相談するのが良いでしょう。特に、週3、4回程度で勤務時間の制限をするのであれば応募できるところは限られてしまいます。 そんな中でも最適な職場をコンサルタントの方は探してくれるので一度相談してみるのも良いでしょう。
熊本県薬剤師会