パート薬剤師として働くメリットは沢山あります!

パート薬剤師求人のよしあし

薬剤師で働いてる人は正社員で働いているケースが多いですが、中にはパート薬剤師や派遣社員として働いている薬剤師の方もいます。多いケースとしては女性の薬剤師が結婚や出産を機に一度退職して子供が手のかからない状態になった後に再度、薬剤師として復職するケースがあります。

そういった関連でパートで働いている薬剤師は30代から40代の人が多くなっています。その割合はパート全体の7割くらいとなっています。このうち半分ぐらいの人が週の労働時間が月20時間にも達していなくて年収でいうと200万に届かない方となっています。

薬剤師というと正社員しかいないイメージがありますが、このように女性のパート薬剤師というのも多く活躍しています。パートの薬剤師といっても他の職業の方と同様に労働時間によって保険に入れるかどうかが変わってくるため、その部分をしっかりと自分で考えておく必要があります。

もし扶養の中で済ませたいと考えているのであれば、労働時間を考慮して調整してくれる職場を選ぶ必要があります。パートといっても週5回以上でフルタイムで働いている人も多いので融通の利く職場を選ぶことが重要です。 パートとはいえ、常勤の薬剤師さんと同様に仕事内容は重責あるものを任されます。

患者さんの対応はもちろんのこと常勤の薬剤師と共に連携を図って仕事を行い、休憩時間などを患者さんの混雑状況によりずらすことなどもあります。パートの薬剤師とはいえ、常勤の薬剤師さんをサポートする重要な存在です。パートの薬剤師さんがいないと仕事が回らないところが多く存在します。

パートの薬剤師の仕事を探すなら薬剤師だけを扱っている求人サイトやまたはコンサルタントに相談するのが良いでしょう。特に、週3、4回程度で勤務時間の制限をするのであれば応募できるところは限られてしまいます。 そんな中でも最適な職場をコンサルタントの方は探してくれるので一度相談してみるのも良いでしょう。
熊本県薬剤師会

薬剤師と円満退社

薬剤師が退職する際に望むこと、もちろん薬剤師だけではないですが、なるべく円満に会社を後にしたいですよね。ですからその時に大切になるのが、「退職の伝え方」というテクニックだと思います。

もしも退職の理由を上手く伝えられない場合は、トラブルの元になってしまうこともあるでしょう。上司の地雷を踏み抜かないようにするためにも、上手に退職の意思を伝えたいものです。

退職希望を伝える相手ですが、小さめの企業であれば、最初から社長に伝える可能性もあります。一番避けたいことは、最初に同僚に言ってしまうこと。

万が一同僚の口から上司へと伝わってしまったときは、残念な結果しか待っていません。最初は必ず上司と相談し、もしも引き止めてくれたとしても、迷わず自分の気持ちを尊重し、受け入れてもらってください。

次に退職理由についてです。上司に退職を話すときには、絶対といっていいほど「退職理由」を尋ねられます。この際にも細心の注意が必要です。転職をしたいと思うということは、現状では納得できない何か理由があることではないでしょうか。

お給料面での不満であったり、人間関係のトラブルであったり、現状では成長できない、ということであったり、きっかけは色々だと思います。ですがそのネガティブな感情を口にしないようにして下さい。

退職理由をネガティブな感情から、ポジティブな理由に変えてしまうのです。嘘をつけ、といっているわけではありません。本質は変えずに言い方を変えるのです。

「お給料面の不満」であれば、「これから子供の教育費のこともあり、家族を養っていくために地方の高い手当ての薬局に勤務します」と言ってみたり、「現状では成長できない」であれば「今のままでは専門科目の薬しか学べないため、総合病院の傍にある薬局でたくさんの薬を学び、スキルアップを考えています」などという言葉に代えてしまうのです。

上記のような言葉であれば、もっともらしく聞こえますよね。嘘を口にするのではなく、本質は変えずに言い方をよりポジティブに変えていってくださいね。強い意志を持っているという事で、熱心に引きとめてもらっても最後は受け入れてくれるはずです。

また、退職を上司に伝える時期ですが、出来ればはやめがオススメです。転職先が決定しているのであれば、決定した当日か翌日には、今働いている会社に退職希望の旨を伝えて下さい。

ルールとしては2週間前にということですが、一ヶ月前が最低ラインです。退職までの期間が短いと引継ぎの時間も足りませんし、求人なども上手くいかず、退職予定の会社に負担をかけてしまうことになります。円満退社は今の会社の都合もしっかり考えてこそ叶います。

薬剤師と人間関係

薬剤師は就職するのに難しくない職業のひとつだと言われています。日本全国どこでもたくさんの求人があり、自分にあった働き方ができる仕事です。中でも、病院も薬局も常に人材が足りていないのは地方です。高待遇で勤務できることは少なくありません。

反面、薬剤師は転職を考えている人が多いといわれる職業でもあります。その理由のひとつに「人間関係が上手くいかない」、という事がありますが、スムーズに人間関係を意を築いていくには、一体どのような事ができるのでしょうか

薬剤師というのは元々患者さんと対話する事が多い職業のため、コミュニケーション力というのが必要となってきます。コミュニケーション能力は患者さんとの間にだけ発揮すればよいものではありません。

スタッフ間でも同様に、円満な人間関係を作る事が重要なのです。皆さんは朝一番に、笑顔で挨拶ができていますか?年下の方からすべき、というのは置いておいて、出社時は笑顔で挨拶して言ってください。

薬剤師だけではなく、一般企業だって朝は「おはようございます」からスタートし、業務を終えるときは、「おつかれさまでした」と退社します。挨拶しないで仕事に向かってしまうと、自分のイメージを悪くするだけです。

人間関係をスムーズにするためにも、笑顔で挨拶することを忘れないようにして下さい。すごくシンプルなことですが、とても大切なことですよね。

人間関係を円満にする上で、他にも大切な事があります。例えばベテランの上司がミスをしてしまったとしましょう。その時あなたはどのような行動を取りますか?間違ってもすぐにミスを挙げ連ねたり、自分の意見を押し出してしまうのはアウトです。

もしも高いプライドを持った上司だった場合、恥をかかされたと思い込んでしまう可能性もあります。そうなると、怒りの矛先があなたに向いてしまう可能性は低くないのです。

薬剤師というのは女性がたくさん働いている職業のため、何かと意見が食い違い、そのまま仲が険悪になってしまうことは少なくありません。自分の意見を前に出したいときには、周囲の様子を見て、空気を読みながら謙虚な態度で行って下さい。

そして自分を他の人と比べないことも、大切なことです。年収や学歴、それから外見など、様々な事で、人は自分と他人を比べやすいものですが、比べてしまうとネガティブな感情に支配されてしまいます。

他の人と比べてしまっては、自分の大切なものが解らなくなってしまうリスクも高いですし、優秀な他人が近くにいるとコンプレックスを感じることも多く、自信を持つ事が難しくなってしまいます。

あくまでも他人は他人です。自分は他人にはなれない、そう考え方を切り替える事で、スムーズな人間関係を作っていく事ができるでしょう。

転職したからといって人間関係がなくなることはありません。合わない人、価値観が違う人はたくさんいます。人間関係も仕事のうち、そう振り切って考える事で、苦手な人への関り方も前向きになれるかもしれません。

また積極的にたくさんの人と協力する事で、協調性が高められ、薬剤師としても、1人に人間としても一回り大きくなれるでしょう。