イメージ画像

在宅医療における薬剤師の役割とは

国では医療費削減のために、在宅医療に力を注ぐようになりました。 そのため、近年は入院期間も短くなり、在宅にて療養する方が多くなっています。 そのため、在宅医療に携わる医療関係者の需要が高まってきています。

従来は入院の必要があった患者さんも在宅医療に切り替えることで、在宅医療に関連する求人は増加することが予想されます。現在、医師や看護師の在宅医療に対する体制は整いつつも、薬剤師が関わる在宅医療の環境はあまり整えられていないのが現状です。

在宅医療を必要とする方の多くは、末期がんの患者、脳梗塞などで後遺症が残った患者さんなどです。 末期がんの患者さんは、突然痛みが強く出ることもあるため、痛みを緩和するための薬剤師が薬を投与しなければなりません。

在宅医療における薬剤師の役割は、単に薬を届けたり、投薬をするだけではありません。 薬をきちんと飲んでいるのか、副作用はないのか、などについても確認しなければなりません。訪問先で、残薬を確認し、服用状況を把握します。そして、必要に応じて、薬を服用しやすくなるようにアドバイスなどを行います。

さらに、患者さんに話しかけたりして、生活の様子を聞いてみることも大切です。食欲はどうか、水分は摂れているのか、部屋の空調は適切か、さりげなく様子を聞いてみます。患者さんの状況によっては、かかりつけの医師、看護師、介護スタッフに連絡し、状況について説明しなければなりません。

薬局で調剤を担当する薬剤師は患者さんの死に直面することはないでしょう。 しかし、在宅医療の患者さんには末期がんの方も多く、患者さんの死に直面する場面も多くなります。

現在は、地域にある薬局などで、在宅医療に取り組むところが多くなっているため、在宅医療の薬剤師として働きたいのであれば、在宅医療に積極的に取り組んでいる地域の薬局を当たってみると良いでしょう。 また、薬剤師専門の求人サイトに登録することで、希望条件に合った在宅医療の現場を紹介してもらえるかもしれません。
熊本県薬剤師会

このページの先頭へ