イメージ画像

がん専門薬剤師の仕事内容と役割

現在、がんは日本人の死因の第1位となっており、3人に1人ががんが原因で死亡しています。医療が進歩し、がんは早期発見すれば治る病気となりましたが、発見が遅れたり、進行すると完治は難しくなります。 医療が進歩したのは、これまで幾度となく難病と闘い、それを克服し続けたからです。

医療分野では医薬分業も進んできました。そのせいで、小病院や診療所の調剤薬剤師の仕事はなくなりました。しかし、大学病院などでは、薬剤師が重宝されるようになりました。大学病院では、医療現場でも薬剤師が重宝されています。

がん専門薬剤師とは、名前の通り、がん治療専門の薬剤師のことです。がん専門薬剤師はがんについて研究し、その治療法について探っていきます。 がんは、外科的手術でがんに侵された細胞を除去する方法、薬物治療や放射線治療により、がんを退治したり、がんの進行を食い止める方法があります。がん専門薬剤師はこのうち、薬物治療を担当します。

また、がん専門薬剤師は抗がん剤の投与も行います。現在のがん治療において、薬物治療が占める割合が高くなっています。そのため、がん専門薬剤師は、がん治療において重要な役割を果たしています。 抗がん剤は、がんの進行を食い止めるなど、がん治療に有効な方法です。しかし、その反面、副作用がきつく、患者はその副作用に苦しむことになります。

抗がん剤治療を行うにあたっては、患者の容体、がんの進行度、体調や年齢など様々な要素を考慮しなければなりません。そのうえで、患者のために最適な薬剤を見極めて調剤することが大切です。 がん専門薬剤師は、薬学についてはもちろん、がんと免疫学、がんの臨床に関する研究を行い、学会にも出席し、その研究結果を発表しています。

また、がん専門薬剤師の登場により、医療現場における医師の負担は多少なりとも軽減しました。そして、患者は、副作用を軽減させる薬剤の処方など、患者のQOLを考えた治療を行ってくれることを期待しています。 それから、がん専門薬剤師は、薬剤師の頂点としての位置づけになっていますので、後輩薬剤師の指導も担当します。

このページの先頭へ