イメージ画像

薬剤師の年収相場は?

職業を選ぶとき、将来的にどのくらいの収入が見込めるかということは、大きな判断材料になるでしょう。 薬剤師の場合、年収の相場はいくらぐらいなのでしょうか。

「賃金構造基本統計調査」というデータが、厚生労働省から発表されています。 薬剤師の年収の相場は、2011年9月時点で500万円以上600万円未満といったところのようです。

薬剤師とひと言でいっても、街の薬局や企業内の薬品開発など幅広い種類がありますので、それら全てから出した平均金額です。 選んだ職業によっては、この金額を下回ることも考えられますし、逆にもっとたくさん受け取れることもあるでしょう。

薬剤師の種類だけでなく、実績をどれほど積んでいるか、年齢、地域などの条件によっても、給与に差が生じます。 薬剤師という職業に比較的共通していえるのは、他の仕事よりも安定感があるということです。

世界的に景気が不安定な中、業種によって大きなダメージを受けていることも珍しくありません。 給与体系や収入が悪くなる一方という状況でも、薬剤師の収入は特に大きな変動がないということですから、これは魅力的なのではないでしょうか。

薬剤師が男性か女性かでも、収入が違ってきます。 男女別の年収の相場を見てみると、女性は500万円よりかなり少ない金額ですが、男性は550万円以上ももらっています。正社員か薬剤師パート求人かでも給与は違ってきます。

男性は結婚をして家庭を持っても、まだあまり育児休暇を取る方が多くはありません。 一方の女性は、結婚や子育てを理由に退職し、もし復帰するとしても大きなブランクがあく方が少なくないでしょう。 継続的に働いている方の方が、薬剤師としてのキャリアを多く積んでいることになりますので、そういったことも性別での年収差に影響している可能性があります。 とはいっても薬剤師という職業は、男性より女性の数の方が多いので、これからも多くの女子学生が薬剤師を目指すのではないでしょうか。

ちなみに、薬剤師になったばかりの2年~3年くらいは、性別や地域などの条件に関わらず、年収350万~400万円が相場です。

このページの先頭へ