イメージ画像

助産師の開業のメリット

 産前・産後はホルモンのバランスが悪くなり、母親の精神は不安定になりやすいもの。また健康な赤ちゃんを出産するためには、家庭ではどのように過ごし、スペシャリストとして食生活への適切なアドバイスをするなど、助産師とは出産の介助をするだけでなく、幅広く母子をサポートする役割を担っています。

 昨今、少子化や増加する訴訟の影響で廃院に追い込まれる産婦人科が多くなっています。そのことで、一部では妊娠と同時に出産予約をしなければ産む場所がなくなる、というお産難民という問題が浮上してきました。  

 同時に陣痛促進剤など人工的に出産させるのではなく、自然の流れで出産をしたいと思う妊婦が多くなりつつあります。  そこでそれらに対応できる助産師の開業が、今求められています。

 助産師の開業は、妊婦だけでなく、助産師にとっても一人一人の妊婦と向き合うことができ、自分のスキルをいかんなく発揮できるというメリットがあります。

 ただし、取り扱うのは正常分娩のみであり、その他の分娩方法は産科医と連携をとって行わなければなりません。  そのような病院のフォローも約束されていますので、妊婦にとっては病院での分娩にこだわらなくなるのではないでしょうか。

 なにより、病院としても出産箇所を分けることにより、正常分娩以外の分娩を手助けすることに集中でき、互いに効率の良い方法が確立できるのではないかと思っています。

 さて開業した助産師の給料は、いわゆる成果主義であり、経営のやり方や、営業の力を使って医療機関で働くより年収がアップする可能性があります。

 一般の助産師の年収は年齢に比例に比例し、~600万前後です。さらに病院によってはボーナスが支給され、だいたい総額500万~750万の間にあります。

 経営が軌道に乗ればよいのですが、個人開業は一旦風評被害を受けると、一気にダメージがくるというリスクも併せ持っています。  医療器具や設備を整えるための資金も必要になります。また妊婦が通いやすい立地というのも重要です。

 助産師の開業というのは、開業準備や経営が開業者に重くのしかかっていくものではあります。  しかし、妊婦にとってということを考えれば、この助産師の開業は需要を増していくのではないでしょうか。

このページの先頭へ