イメージ画像

訪問指導助産師の役割

 赤ちゃんは産んで終わり、勝手に育ちます。というわけにはいきません。  適切なお世話によって、赤ちゃんは心身共に健康に育つのです。  それにはお父さんやお母さんの助けが必須です。

 ですが初めての出産・育児ともなると、「こうしなきゃ!」や「どうしてこうなってしまうの?」と育児書に書かれた内容と違っていることに過敏に反応をして不安に苛まれてしまうこともあります。

 そんな時はどうしますか? 経験者にアドバイスをもらいますよね。でもちょっと相談しにくい、とか、さらに否定されてしまったらどうしようなんて、余計に言えなくなってしまいます。

 訪問指導助産師は、そんなお母さんたちの家に訪問し、育児に関する相談だけでなくお母さん自身の健康もケアをします。  また保健師もしくは助産師の資格をもっているので、専門的な知識を持っています。

 この訪問指導助産師は、産後だけでなく産前も一度訪問し、出産に向けての心構えや健康に関する指導をしてくれます。

 母親はこの訪問指導助産師を頼ってください。  自分の育児は正しいのか正しくないのか、二者托一で物事を判断するよりも、助産師にその胸の内を打ち明けて寄り添ってもらいましょう。

 お母さんの精神的な不安は赤ちゃんにも伝染して、悪循環となります。  さて訪問指導助産師はどこからきているのかと言えば、市や行政から委託を受けています。この訪問は、育児へ悩むお母さんの社会から孤立しがちな環境に手を差し伸べてくれるといっても過言ではありません。

 しかし残念ながら、助けてほしいと思っているお母さんの数に対し、絶対的に訪問指導助産婦の数は少ないのです。なぜなら、職の募集数が少なく、募集が出る時期も明確ではありません。そもそも訪問指導助産師という職業が、お母さんや助産師、保健師の間で普遍的な物かどうかもあやしいものです。

 赤ちゃんは母親ひとりでは育てられません。核家族が進む中、配偶者の勤務状況により、両親を頼れない場合があります。  訪問指導助産師とは、お母さんの心身を助けるだけでなく、赤ちゃんの成長にも少なからず手を差し伸べているのです。

このページの先頭へ