電話占いに求めること

電話占いでは様々な占術で占ってもらえますが、それ以外に求めることとはどういったことでしょうか。当然占いですので、当たらなければ意味がありません。当たることを二の次にすることは占いではないと思います。

ただ、電話占いでは占いと合わせて、カウンセリング的なセッションや癒しを受けるということも重要な要素になってきています。現代はストレス社会ですので、精神的に不安定になったり、不安に押しつぶされそうになるということは誰にでもあると思います。

カウンセリング占いだけを求めている場合を除いて、そういった精神的な改善の需要も増えてきています。直接占い師にカウンセリングをお願いしますとか、癒しをお願いしますとか言うわけではないと思いますが、そう言うことができる占い師を自然と選んでいると思います。


病院などのカウンセリングでは深いところまで掘り下げて親身に対応してくれることは難しいように感じます。そういう点では電話占いは柔軟に対応できると思います。もちろん全部の占い師ができるわけではなく、しっかりとしたカウンセリングの技術や専門的な知識がないとできません。逆に占い以外のこともできると人気占い師になるのではないでしょうか。

電話占いに求めることは人それぞれで、目的は多種多様です。占いだけを求める場合、癒しを求める場合、スピリチュアル的な知識を求める場合など占いだけをやってくれればいいというのはかなり少なくなってきているのではないでしょうか。

ただし共通して言えることは、鑑定前よりも鑑定後は前向きになっていて元気になっていることだと思います。そういう鑑定をしてくれる占い師であればずっとお願いしたいです。ただ占いの結果を言うだけで、あとのフォローが何もない占い師だけは避けたいです。